普段ラインを使っていて、「スタンプ」や「着せ替え」など欲しいなという時に、必要なコイン。

 

コインをチャージしなければ、スタンプなど買う事が出来ません。

 

そんなコインがチャージできない時の対処方法を今回は解説していきます。

 

スポンサーリンク


ラインのコインがチャージできない時の対処方法

ラインのコインがチャージ出来ない時はいくつかのバグや不具合があります。そのバグや不具合を紹介しながら一緒に対処方法も解説していきます。

 

iPhoneとAndroidで内容が違う不具合も紹介します。

ラインのプリペイドカードに記載されているコードが間違っている。

%e7%94%bb%e5%83%8f1

 

 

もう一度確認して正しいコード番号を入力してください。

 

意外と見落としていたり抜けている場合が多いです。

 

 

「接続できませんでした。インターネット接続を確認して再試行してください」などのネットワーク系のトラブルの可能性。

ラインのサーバーが混み合っている場合や、ネットワークのエラーの場合がありますので、ネットワーク(wifi,4G回線等)を再起動してみてください。

 

ネットワーク再起動後コインがチャージされているか、まず確認しチャージされていればOK,されていなければ次に紹介する、不具合と対処方法で解説します。

 

↑の不具合はコインチャージ以外にも起こりうる不具合です。

 

 

iPhoneでコインがチャージ出来ない時の不具合と対処方法

%e7%94%bb%e5%83%8f2

 

 

「お使いのアカウントでこのアイテムは購入できません。このアイテムを購入する前にこのアイテム用のアプリケーションを購入する必要があります」とのエラー。

このエラーがでた場合は一度AppleIDをログアウトし再度ログインすると改善されたという報告が多数あるのでお試しください。

 

「このアイテムは、ほかのAppleIDで購入されたアプリケーションのためのものです。このAppleIDでこのアイテムを購入するには、まずアプリケーションを購入しなければなりません」のエラーが出る。

この場合はラインのアプリを一度アンインストールし、再度インストールしなおすことで改善されます。

 

一度アプリをアンインストールという事でラインのアカウント情報やデータが消えてしまうのではないかと心配だと思いますが

 

データはアカウント管理なので、今まで購入したスタンプやコイン残高などは復元されますのでご安心ください。

 

スポンサーリンク


Androidでのコインがチャージ出来ない時の不具合と対処方法

 

 

GooglePlayでコインを購入してラインを起動したらコインが増えていない。

 

コインの反映には時間が掛かる場合があるのでこの場合は少し時間を置いて確認してみましょう。

 

絶対に増えていないからといってコインを買い直さないでください。再度コインを購入するだけなのでもったいないです。

 

 

Google Playで「ご注文は危険性が高いと判断されたため、承認されませんでした」と表示され購入できない。

%e7%94%bb%e5%83%8f3

この場合はGoogleが購入の際に定期的に審査を行っているようで、その審査がまだ完了しない場合に出るメッセージだと言われています。

 

なので3日ほど待つ必要がある場合があります。3日以上経ってもメッセージが出てしまう場合はGoogleのサポートセンターへ問い合わせてみてください。

 

まとめ

今回はラインのコインがチャージ出来ない時の対処方法を解説しました。

 

ラインのコインが反映されないエラーは、初歩的な間違いから、結構深刻なエラーまで色々とありますが、どれも改善できるものなので焦らずゆっくり対処してください。

一番損してしまうのが購入(反映されてない)できていないと思い再度購入ボタンを押してしまう事です。

 

しっかり確認した上で購入ボタンを押しましょう。

 

スポンサーリンク