ツイッターで実装されたばかりの新機能である「アンケート機能」ですが

あなたはしっかり使いこなせていますか?

 

この記事ではツイッターのアンケート機能のやり方からちょっとした裏技までを解説します。

また、誰がどの選択肢に投票したか分かるのか?
などの疑問についても解決していこうと思います。

 

 

スポンサーリンク


 

 

ツイッターのアンケート機能のやり方 (PC版)

 

ツイッターのアンケート機能のやり方は至って簡単です。
ツイートをする時に「投票を追加」をクリックするだけでアンケート機能を使う事が出来ます。

 

 

 2.投票を追加(PC版)

 

「回答1」「回答2」にそれぞれの選択肢を入力して「ツイート」をクリックすると完成です。

 3.アンケート機能(PC版)

 

「+回答を追加する」をクリックすると最大四つまで選択肢を増やす事が出来ます。

選択肢を減らす時は選択肢の右側にある「×」をクリックすると削除できます。

 5.投票期間の設定(PC版)

 

投票期間は最短で5分、最長で7日まで設定出来ます。

「投票期間:1日」をクリックして投票期間を設定してみましょう。

 4.三択の選択肢(PC版)

 

ツイッターで足跡は残るの?その調べ方と存在について

 

ツイッターのアンケート機能のやり方(アプリ版)

 

PC版とやり方はほとんど同じです。

ツイートをする時に一番右側にあるアイコンをタップするとアンケート機能を使う事が出来ます。

 6.投票を追加(アプリ版)

 

「回答1」「回答2」にそれぞれの選択肢を入力して「ツイート」をタップすると完成です。

 7.アンケート機能(アプリ版)

 

「+」ををタップすると最大四つまで選択肢を増やす事が出来ます。

PC版と違い、選択肢を減らす機能はありませんが
三つ目の選択肢を空欄にしてツイートする事で二択に出来ます。

 8.三択の選択肢(アプリ版)

 

投票期間は「1日」をタップすると設定出来ます。

 
9.投票期間の設定(アプリ版)

 

 

アンケートの投票結果を知る方法

 

アンケートの投票結果はアンケートに投票すると知る事が出来ます。
また、アンケートの作成者は最初から知る事が出来て

投票期間が終われば誰でも知る事が出来ます。

 

10.投票結果

ツイッターでの絵文字の使い方と注意点

 

誰がどの選択肢に投票したか分かるのか?

 

アンケートは完全に匿名です。

他の投票者は誰がどの選択肢に投票したか分からないですし

アンケートの作成者ですら誰がどの選択肢に投票したか分からないようになっています。

スポンサーリンク


 

選択肢ごとに投票した人数を知るには?

 

アンケートの総投票数×選択肢の%÷100で大体の人数を求める事が出来ます。

例えば150票のアンケートで人数を知りたい選択肢の%が40%だったとすると、

人数は150×40÷100=60(人)になります。

 

 

裏技!投票せずにアンケートの投票結果だけを知る方法

 

投票しないと知る事が出来ないアンケートの投票結果ですが、

実はPC版に限っては投票せずに知る事が出来ます。

この方法で必要なのはブラウザの「Opera」です。

 

やり方は選択肢の文字を選択して右クリックをして「要素を検証」をクリックするだけです。

 11.要素を検証

 

 

「要素を検証」をクリックすると以下の画像の画面が表示されます。

「<span>パソコン</span>」の上の行を確認してください。

「0%」と書かれていますがこれがこの選択肢に投票された割合です。

 

12.要素を検証2

 

ツイッターでいいね(お気に入り)の通知設定!疑問点も

 

 

解説動画

 

Twitterの固定されたツイートの設置法や解除法&アンケート機能のやり方

 

 

 

ツイッターのアンケート機能のやり方について解説している動画です。

動画の4:30あたりからアンケート機能を実際に設定しながら解説しています。

 

journal-1577764_1280Twitterの教科書!ツイッターの使い方完全ガイド 【まとめ】
 Twitterとはインターネット上ソーシャルネットワークサービス(SNS)の 代表的でもあるサイト・アプリです。 そのため利用者もとても多く使われ方もプライベートからビジネスまで様々です。 そこで今回、そんなツイッターのよく出る疑問や質問わからない使い方をまとめました...

 

 

まとめ

 

色々な使いみちとしてYouTubeなどで生放送をする前にどんな内容にすればいいのか等
迷っている時によくアンケート機能を使ってみてもいいですね。

 

リツイートやいいねを含めて五つ目の選択肢を作ったり
リプライを通じてその他の案を募集するなどの工夫をする事も出来るので

 

ぜひ活用してみてください。

 

スポンサーリンク