米東部でサイバー攻撃が21日に発生したためTwitter含む、色々なサービスで障害が発生しています。

 

ツイッターをクリックしても表示されない状態や現在の状況等。

 

あなたの使っているサイトでエラーが発生して不安になってしまったかもしれませんがその主要サイトなどをご紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク


 

一体誰が攻撃したのか

 

 

誰が攻撃したのかは現時点で不明。当局者がロイターに明らかにしたところによると、国土安全保障省および連邦捜査局(FBI)が調査に当たっている。

ツイッターやスポティファイのほか、民泊の宿泊予約ウェブサイトのエアビーアンドビー、ニュースサイト「ザ・バージ」などでも影響が出た。アマゾンのウェブサービス事業でも一時、関連して障害が発生したという。

ディンはドメインネームサーバー(DNS)の管理サービスを提供。サイトへのアクセス要請はDNSサーバーを経由するため、DNSプロバイダーへの攻撃は大きな影響をもたらす可能性がある。

ディンは製薬大手ファイザー(PFE.N)やクレジットカード大手ビザ(V.N)、動画配信サービス大手ネットフリックス(NFLX.O)、ツイッターなど大手企業を顧客に持つ。

 

 

 

 

影響があった主要サイト等

 

今回のサーバー攻撃は誰もが知っている大きなサイトが沢山被害にあいました。
その今回被害がでた(サーバーダウンなど)主要サイト等の紹介をします。

 

 

Twitter
Etsy
Github
Soundcloud
Spotify
Heroku
Pagerduty
Shopify
Intercom

 

Spotify

Netflix

Amazon

Tumblr

Reddit

PlayStation Network

 

 

などなど、あなたも利用したことのあるサイトが沢山あるのではないでしょうか?

 

 

障害を受けたみんなの声

 

現在ではtwitterなどすでに復旧していますが復旧後みんながどのようなつぶやきをしているのか

まとめてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

常日頃使っているサイトが一斉に落ちてしまうと考えると凄く大規模なサイバー攻撃だったようですね。

 

いったい誰がやったのか気になるところではありますが見つかったらまたニュースになりそうですね。

 

今後の展開もどうなるか気になるところです。

 

スポンサーリンク