インターネットラジオ配信アプリradiko。

アプリ自体は無料ですがパケット通信を使って聞いている方へ

どのくらいの通信料を使っているのか解説していきます。

 

スポンサーリンク


radikoを知らずに聞き続けていると通信料はどれくらい?

radikoを30分間パケット通信のみで聞き続けたデータがあったので紹介します。

radikoは30分間で約14.88Mバイト使われている様です。
毎日1時間番組を聞いたとして1か月の使用パケット量は600MB~800MBくらいになってしまいます。

 

通信料に換算すると約15MBで4300円~9000円相当のパケット量を使用していることになりますね。

 

radikoはパケット通信でも聞けるの?

 

普段スマートフォンを使っている方でwifi環境がない方は
パケット通信を使ってインターネットやスマートフォンアプリなどを利用しています。

もちろんradikoもパケット通信で聞く事ができます。

 

 

パケット通信は月7GBしか使えない!

 

au.docomo.softbankなどの携帯会社はパケット通信使い放題プランというものがあり

月7GBまでは使い放題プランの料金を払えば一切料金は発生されません。

 

・月7GBはどれくらいなのか。

 

1日あたりの換算で、動画の視聴が約1.1時間

音楽のダウンロードが約60曲

メールの送受信が約62万通

ホームページの閲覧が約1687ページです。

 

スポンサーリンク


 

.7GB越えたらどうなるのか。

ネット通信量が制限されてしまい

インターネットなどが凄く重くなります。

 

動画も見られたもんじゃないです。
radikoも音声が途切れたりするみたいですね。

wifi環境がない方は他のデータ通信も行っていると思うので
すぐに7GBに達してしまうと思われます。

なのであまりパケット通信を使った利用はおすすめしません。

 

 

wifiを使おう!

 

wifi環境があればパケット通信を使わずにインターネットに繋ぐ事ができます。

家にいる時はwifiを繋いでおき
外出の時はパケット通信を利用する人などもいます。

 

ポケットwifiがあれば外出時でもwifiが使えるようになりwifiの電波が拾わない所以外はパケット通信を使う事はないでしょう。

 

 

まとめ

今回はradikoの通信料についてまとめました。

radikoも毎日使えばパケット通信量をかなり使っていますね。

家にネット環境がありwifiも完備されている人なら通信量を気にせず使えるので
便利ですね。

これを機にポケットwifiを手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク