中国ではLINEが規制されている!使うために必要な対策方法

 

私たちが普段利用している「LINE」は中国では使用が規制されています。

 

今回はなぜ中国では「LINE」が規制されている理由と、どうしても中国で使いたい人の為に必要な対策方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク


なぜラインを中国では規制されているのか

%e7%94%bb%e5%83%8f1

 

2014年に中国で突然ラインが使えなくなった時がありました。

 

日本では、すでに利用者の多いラインは若者を中心に普及したこともあり、中国に滞在する多くの人は日本に居る家族や友人との連絡方法に利用していました。

 

また、海外ビジネスマン同士も使う人がいましたので反響を呼びました。

 

なぜ規制されたのかというと、憶測で言われているのは、SNSを利用した政府批判や政治的に扇動に利用されることを中国の政府が恐れているからではないかと言われています。

 

規制されたのはラインだけではなく「Facebook」「Twitter」「Instagram」「Youtube」「ニコニコ動画」「2ちゃんねる」「Dropbox」「Google」とかなりの数のサイトが規制されました。(一部だけ観られないなどのサイトも含まれています。)

 

 

では、中国に滞在している方や中国人はどうしているかというと、「WECHAT」や「QQ」といった中国産SNSを利用しているそうです。

 

もう中国ではこれらのアプリが浸透しており、ラインは必要ないという風潮になりつつあります。

%e7%94%bb%e5%83%8f2

 

 

%e7%94%bb%e5%83%8f3

 

 

それにしても、この「Wechat」ラインのアイコンにそっくりですね。さすが中国です。

 

 

ラインを中国で使う対策方法

 

では、中国に旅行や出張などで行った場合、家族や友達に連絡する手段としてラインは使いたくなりますよね。

そうなった場合どうすればいいのか、ご紹介します。

 

ラインの最新アップデータがきていたらすぐに更新アップデートする。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

 

現在、ライン側も中国の規制に対抗して最新アップデートで規制を回避するデーターを更新しているのですが、すぐに中国側に対策されるというイタチごっこのようです。

 

なのでアップデータが来たらとりあえずすぐにアップデートしましょう。ラインが繋がる可能性があります。

 

スポンサーリンク


VPNを使ってライン等に接続する。

 

VPNという方法で政府の規制を回避する事ができます。

 

このVPN接続を利用すれば、日本や他の国の回線に接続することができ、中国の規制を回避してラインに接続することもできます。

 

基本的にサーバーを借りて接続するので料金は発生します。月1000円程度が相場になっています。

 

また、無料でVPNを利用できるサイトは海外のものならいくつかあります。ただし無料である分、安全性と安心性は低いと言えます。中にはウイルス的なものもあるので注意が必要です。

 

このVPN接続を使ってインターネットに接続すると中国で規制されている「Facebook」「Twitter」「Instagram」「Youtube」「ニコニコ動画」「2ちゃんねる」「Dropbox」「Google」などにアクセスする事ができます。

 

 

なので、海外によく行く人などは、これらが繋がらないと結構不便なのでVPN接続を利用されている人は多いです。

 

 

まとめ

今回はなぜ中国ではラインが規制されている理由と、現在中国でラインに接続する対処方法をご紹介しました。

 

中国では現在世界的に使われているSNSや動画サイトなどは規制されているものばかりで中国の方もとても不便のようです。政府はこの中国人たちの声も一番に聞く必要がありますね。

 

また、ラインを中国で接続する方法ですが、やはりVPN接続が一番です。ラインだけではなくYoutubeやGoogleが使えるようになるのでとても重宝します。

 

なのでこれから中国に行く予定がある方はVPN接続環境を準備したほうが良いです。

 

スポンサーリンク