ラインを利用していると、タイムラインにて昔流行したチェーンメールのようなタイムラインが投稿されていたりしませんか?

 

内容は結構怖かったりするんですが、全部デマなので気にしなくて大丈夫です。

 

今回はそんなチェーンメールの紹介などをまとめました。

 

スポンサーリンク


ラインのチェーンメールとは

 

チェーンメールとは、「不幸の手紙」とも呼ばれ、そのメールを読んだ人はお友達や知り合いにそのメールを回さないと不幸になるというものがあります。

 

まだ、ガラケーが主流だったころに流行しました。

 

ですが、現在はスマートフォンが一般的に使用されるようになり、メールといえば「LINE」という風潮にすっかり変わってしまっていますよね。

 

なので、チェーンメールというものはもうなくなっていると思われたのですが、ラインのタイムライン機能を使って、チェーンメールのようなものを回している人たちがいるのです。

 

また、「Twitter」や「Facebook」などでもツイートを使って「拡散しないと不幸になる」などのチェーンメールがあるそうです。

 

 

よく回っているチェーンメールの紹介

チェーンメールといっても種類は結構あるので、その中でもよく回っていると話題になったチェーンメールをご紹介します。

 

①番

 

%e7%94%bb%e5%83%8f1

 

これは存在しないアカウント名を適当にあげて、なにやら手順が書いてあり、最終的には「これを読んだものは回さないといけない」と書いてありますね。

 

また、「返信が来たら二週間以内に死ぬ」と書いてありますが、6番に「安易な気持ちで登録してはいけない」と書いてありますよね。んん??となりませんか?

 

そもそも使われていないアカウントを登録する気にもならないしツッコミどころ満載のデマが丸分かりのチェーンメールですね。

 

②番

 

%e7%94%bb%e5%83%8f2

 

 

これは「LINE」という本社名を出して回せば「LINE本社から1000コインをプレゼント」と書いてある、回せば貰える系チェーンメールですね。

 

ラインの個人トークで回されているチェーンメールです。

 

もちろんこれを仮に20人に回しても1000コインは貰えるわけもないです。このチェーンメールはラインが流行りだした頃によく回っていたそうです。

 

 

危険性はあまりないですが、騙されてしまう人は結構いるようです。

 

スポンサーリンク


 

③番

 

%e7%94%bb%e5%83%8f3

 

 

これは「タレントの鈴木奈々ちゃんも、絶賛するタイムライン」と有名人の名前を出して、信憑性を高めているチェーンメールです。

 

これはタイムラインで回ってきているチェーンメールのようですね。
このチェーンメールは定番のチェーンメールっていう感じがしますよね。

 

なにかのおまじないだと思って回してみるのも良いかと思います。

 

また、鈴木奈々さんというとこがイヤラシイですね。
おバカタレントで有名な鈴木奈々さんは私の印象ですが、信じていそうというイメージしかありません。

 

 

そして他人の名前を勝手に利用するのは著作権の~違法になってしまうので、訴えられたらおしまいですね。

 

④番

 

%e7%94%bb%e5%83%8f4

天国と地獄のようなチェーンメールですね。

「携帯の電源を切って1年間放置すれば助かります」を本当に実行してしまう人もいないと思いますが当然デマです。

 

 

チェーンメールが回ってきたら?

もし貴方のスマートフォンにラインなどでチェーンメールが回ってきたら、チェーンメールというのは本来は迷惑行為となるものなので、もしラインでチェーンメールが回ってきても他の人には送らないでください。

 

また、お子さんいる方でお子さんがラインをしている場合は信じてしまうかもしれないので、よく注意しておいたほうが良いかと思います。

 

 

まとめ

今回はラインのチェーンメールの事についてまとめました。もちろん、これらのチェーンメールの危険性はゼロです。

 

読めばデマだとわかるチェーンメールばかりなので、命の危険だとか、誰かに不幸が起きることもないのでご安心ください。

結局チェーンメールというのは相手を怖がらせて楽しむか、不安感を煽り何かに登録させて収益を得たりなど大人の人は基本的に気にもならないような内容でしょうが

 

子供は純粋に信じてしまう可能性もあります。

 

もし信じてしまった人、もしくはその方の周囲の方。
大丈夫です、まったく嘘やガセ作られたものなので信じたりせず邪魔なようなら消してしまいましょう!

 

スポンサーリンク