SNSアプリ、ライン。

 

「ラインをする必要がなくなった」や「インストールしたけどTwitterやSkypeで十分だった。」など削除する理由は人それぞれですが、

 

削除する前に是非知っておいて欲しいことがあるので、今回はラインを消す前に知っておいて欲しい事をいくつかまとめました。

 

スポンサーリンク


ラインアプリを消す前に

ラインアプリをアンインストールする前に、消したらアカウントはどうなるのか、など知っておいて欲しいことを紹介します。

 

・アンインストールをして消えてしまうデータ。

 

ラインアプリをアンインストールすると「トーク履歴」のデータだけ消えてしまいます。「もう使わないし、どうでもいいよ」って方はホントにどうでもよいことなのですが、またラインを利用しようと思っている方で「トーク履歴」を残したい方は、「トーク履歴」のバックアップしましょう。

 

トーク履歴のバックアップの仕方はトーク画面を開き、8個あるマークの右下にある、「トーク設定」をタップし、「トーク履歴をバックアップ」をタップするとバックアップをする事ができます。

 

画像1

画像2

これでアンインストールしてしまってもバックアップが取ってあるので復元したいトークを読み込むことができます。

 

スポンサーリンク


 

・アンインストールしても残るデータ

アンインストールして残るデータは

・ID,ニックネーム、トップ画像、ホーム画像などのアカウント情報

・友だち・グループ(トーク履歴はバックアップを取ってあると残る)

・スタンプ・着せかえ(ログイン後に購入履歴からダウンロードができます。)
※どうやらスマホの機種によっては再ダウンロードしなくともログインしてそのまま購入したスタンプが残っている機種があるようです。(Android端末)

・アルバム(写真)

・ノート

・キープ(ライン上のメモ帳機能)

・タイムライン/ホーム

・LINEコイン

・ブロックなどの各種設定

 

アカウント情報丸ごと、登録された電話番号やメールアドレスで管理されているので、ラインアプリをアンインストールしてもアカウント情報は消える事ありません。

 

なのでまたラインアプリを利用する時は電話番号を入力するとその番号あてに認証コードが届くのでそのコードを認証するとまた同じアカウントが使う事が出来ます。

 

また、ラインに登録されていない電話番号(SMSが届く番号)なら新規登録でラインのアカウントを作る事がきます。

 

 

ラインアプリを消した際にラインの友だちにはどう見えるのか。

ラインを使っていると、友達とトーク画面で「○○さんが退会しました」と出るのを見たことあると思います。「○○さんが退会しました」とでるのはそのユーザーがあなたとのトークを削除した時にあなたのトーク画面に「○○さんが退会しました」と通知がいくようになっています。

 

画像3

 

ですが、ラインアプリを削除しても、トークを削除していないかぎりそのような通知は友だちにはいきません。

 

また、アカウントを退会すると、プロフィール画像が初期アイコンになり、そのアイコンをトーク画面内でタップすると、「退会しています」と表示されます。ですのでただラインアプリをアンインストールしただけではこのような通知も相手にはいかないのでご安心ください。

 

まとめ

今回はラインを消す前に知っておいて欲しい事をまとめました。

 

消す前に知ってほしい事をまとめると、アンインストールしても「トーク履歴」はバックアップを取ればまたラインアプリをインストール時に復元が可能で、アカウントのログイン情報を覚えていれば、消す前と変わらず普通にまたラインできるという事です。

 

ですが、ラインを消す際にはラインのお友達には何か連絡をしてからアンインストールした方が良いでしょう。
相手には退会したとも通知がいかないので。

 

スポンサーリンク